スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレームが無事だった

事故に遭った日,家に帰ると5歳の娘が,「お父さん自転車とぶつかったの?」と言ってきたので,「そうだよ」と言ったら,「そういう時はちゃんとブレーキをギュッてしなきゃダメでしょ」とありがたいアドバイスをいただいた,アラフォーブロガーです。宜しくどうぞ。

事故から数日経ち,体の痛みは大分引いたのですが,体をある方向に曲げると右腰に激痛が走るようになってしまい,久々に腰に爆弾を抱えることとなったため,とりあえずコルセットを巻いてなんとか生活をしていますが,早く痛みが引いてくれることを願ってます。

さて,事故後自転車のチェックのためショップに預けていたCAYOさんですが,本日ショップから電話がありました。

結果は,フレーム,フォーク共に異常はありませんでした。

良かった良かった。

相手が支払いできるか分からない状態,と言うか相手と連絡が取れない現在,フレームまで逝っていたいたら立ち直れなかったと思います。

被害はフロントホイールの全損と,左ブラケットの擦れ,左シートステーの塗装の剥げ,何故か右のビンディングにひび,と比較的少なくて済んだようで。ホイールさえあれば十分走れます。

フレームのカーボンの損傷を本格的に調べようと思ったら,ショップでは無理なようですが,ショップの人が言うには損傷したフレームの場合,乗ったときに異音があるので分かるそうです。

考えてみると,衝突した相手が自転車と質量の軽い物だったため,フロンとホイールの変形程で済んだんだと思います。

私も相手もぶつかった直後に自転車からは離れてますので,自転車の質量だけ考えたエネルギー保存の法則が成り立ち,ホイールの塑性変形でエネルギーは吸収されたんでしょう。

これが質量も,剛性も高いバイクや,車だったとしたら,自転車は全損になっていたかもしれません。

また,以前くりらじで三船さんが,一年間CAYOに乗った感想として,カーボンバイクの中でも比較的重量は軽くはないけれど,その分耐久性に関しては信頼できると言ってましたから,フレーム自体の性質も良かったのかもしれません。

軽量を追及したフレームの場合,プロの目から見ると耐久性に対しては?な所もあるようですね。

改めて,信頼できるフレームだなーと思い,ドイツの本国サイトを見ているとテストの動画がありました。

YOUTUBEにも同じものがあったので,リンクしておきます。

バイクは2009年のイザルコのようです。

学生時代,第二外国語でドイツ語を専攻しながら,グーテンタークと,ダンケしか覚えてない私は何を言っているのかさっぱり分かりませんが,見ていて楽しいです。

各メーカーこのようなテストはやっているんでしょうが,実際に動画で見れると安心しますね。

「FOCUS」派手さは無いけど,ドイツらしい質実剛健な感じが私としては好きです。

日本からのWiggleでの取り扱いが無くなったのは寂しいな。







ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

lumo

Author:lumo
さいたま市在住
週末の早朝限定で荒川あたりを走ってます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
つぶやく
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。