スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗装の剥がれ&ヘタレ補修

娘の誕生日に義母からいただいた犬のぬいぐるみは,手や頭を撫でると「クンクン」やら「ワンワン」と鳴くのですが,朝早くから犬のぬいぐるみと戯れる娘の側から「ワンワン」とデカイ音が鳴り響き,起床1時間前に目が覚める日々がいつまで続くのかが心配なアラフォーブロガーです。宜しくどうぞ。

とうとう梅雨入りしてしまい,週末の天気とにらめっこしながら生活する季節になりました。

生憎,今週末も雨となってしまい,自転車で外を走ることはできません。

こんな時のために購入した固定ローラー。一応土日それぞれで,1時間30分ほどローラー回しましたが,流石にローラーで3時間,4時間とかは無理ですね。最大でも2時間が限界っぽいです。

部屋もサウナのようになってしまって,家族の誰一人として入ってきませんし,子供はタイヤがすり減った際に発するゴム臭を嗅いで,「なんかこの部屋臭い!それにお父さんも臭い!」なんて言っている。

お父さんは臭くないはずだけど,パンツ一丁,汗だくの姿では反論する気にもなれませんのでスルーすることにしました。


話は変わって,先日自転車を掃除している時に,衝撃的な事実を発見してしまいました。

リヤエンドのクイックレリーズを見ていると,なんだかエンドの溝付近にヒラヒラとした物が見える。

近づいてよーく見てみると,なんとパリパリと塗装が剥がれてます。
変換 ~ RIMG1594
変換 ~ RIMG1605

おいおい!何時こんなんなったんだ?

5月の連休に掃除した時や,ホイールを換えた時にはまったく気がつかなかった。と言うか,無かったはず。

そしてこんな所をぶつけるはずも無く,原因も分からない。確かに,ホイールの入れ替えは4月以降,頻繁にしていたけれど,その程度で剥がれるほど貧弱な塗装でもないだろうし。

唯一思い当たるのは,5月から導入した固定ローラー。その構造上,固定しているクイックから,フレームに周期的に横方向の負荷を与えているから,表面の塗装に亀裂が入った事も考えられる。だけど,こんな事になるなら,もっと世間的に問題になってるだろう。

原因はよく分からないままですが,修復しないと気持ちよく乗れないので補修方法を考えました。

まずは,塗装の浮いたバリを全て剥がします。
変換 ~ RIMG1621

下地が見えましたが,完全にカーボンが露出してますね。

幸いチューブのような部材ではなく,それなりの厚みを持った箇所だったので傷等はありません。

見た目も問題ありませんし,シートステー,チェーンステー,ホイールの各方面からの力を受け持つ箇所である事を考えれば,設計上の安全率は相当確保していると思いますので,カーボン自体の補修は特に考えない事にしました。

しかし,何もしないで放置するには,水や油,その他の汚れを受けやすい箇所であるため,最低限の塗装はしたいと思います。

さて,カーボンに対する塗装方法について,色々と検索してみましたが,特に有益な情報はありませんでした。また仕事のつながりでカーボンシートに対する塗装方法を調べましたが,詳しくは分かりませんでした。と言うか,普通の塗装とあまり変わってなかった。

カーボンに直接塗装する方法は,タッチアップペンで塗るだけなので簡単。ただし,塗装の材料がカーボンに悪影響を及ぼすかは分からないし,塗装が剥がれ易くなる気がする。

やはり,カーボン地にプライマーとなるような物を塗ってから塗装するのが最良のような気がします。ただし,カーボンに直接塗れるプライマーとはどんな物だろうか?色々と調べているうちに眠くなって寝てしまった。

そして土曜日に会社に行くついでに東急ハンズに寄って物色。

塗装コーナーでは見つからず,接着剤コーナーで一つ一つ見ていくと,こんなのがありました。
変換 ~ RIMG1628

炭素繊維に使える接着剤です。常温硬化ってのがいい。

こいつをプライマーとして塗った上に,塗装を塗れば一応大丈夫ではないか?塗装コーナーの店員に相談してみると,大丈夫でしょう!と言う回答もあり,今回はこれで行く事にしました。

で,本日作業。用意したのはこちら。
変換 ~ RIMG1627

下地処理のためのサンドペーパー(♯600,800,1000),接着剤,タッチアップペン(つや消しブラック)

私お得意の適当スタイルで突き進むので,ここから先を真似される方は自己責任でお願いします。

まずは下地処理。余計な塗装のバリを取ってから,サンドペーパーで表面の汚れを除去。
変換 ~ RIMG1634

購入した接着剤のA剤,B剤を等量出してから混ぜ合わせます。ここから5分で固まりだすので直ぐに塗る作業。
変換 ~ RIMG1638

この後強度が出るまで1時間放置。
変換 ~ RIMG1640

一応余裕を見て2時間後にタッチアップペンで上塗り。

もっと目立つ箇所であれば,上塗り前にサンドペーパーでヤスリがけする必要があるのでしょうが,今回はどうせ見えない箇所なので,そのまま上塗りしました。また上塗りした塗装に対しても同様に,そのままです。

つや消しのクリアーを更に上塗りする事も考えましたが,どうせ見えないしと思ってやりませんでした。

で出来上がったのがこれ。
変換 ~ RIMG1648

まあ,こんな簡単な作業でこの程度の出来であれば十分満足でしょうか?

剥がれた塗装を見ると,結構厚めに塗ってあったので,本当はもっと重ね塗り擦る必要があるのかもしれませんが,まあいいや精神で終了。

触った感じとしては結構良さそうなので,とりあえず今回はこれで終了ですが,また使っていく中で様子を観察していきたいと思います。

正直,塗装が剥がれたのを見て結構ショックでしたが,ブログネタ的には美味しいと思ってしまう自分が,ちょっと悲しい。


参考になっても,ならなくても,ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

lumo

Author:lumo
さいたま市在住
週末の早朝限定で荒川あたりを走ってます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
つぶやく
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。