スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物見山ライド&FFWDシェイクダウン

現在4月のツールド八ヶ岳に向けて減量中ですが,仕事中空腹に耐えられなくなり会社から支給された防災グッズの中に入っていた非常時携帯用食料のサクマドロップの蓋を開け,ついいつい食べてしまった私は,非常時にきっと後悔するだろうと思いながらも手が止まらないヘタレブロガーです。宜しくどうぞ。

3/20(火)春分の日 晴れ。
変換 ~ RIMG1937

久々に20日の休日晴れマーク。

嬉しいなー。こうなったら朝からがっつり走ろうと思って何処に行こうかと考えましたが,FFWDのシェイクダウンも兼ねて暫くご無沙汰だった物見山往復に決定しました。

前日までは物見山の坂を何往復かしようと決めて出発を5時半にしてたのですが,会社から帰ったらメールが来ていたので見てみると,上司から明日ヘルプに来てくれと・・・。

すでに夜の12時を過ぎていたので,見なかったことにして早朝ライドの準備をします。

ブレーキシューの交換と,スプロケを外して装着。FF用のスプロケも欲しいけど,12-23を2個持っててもなーと考えてしまいます。

そして予定どおり5時半出発。しかし,さすがにヘルプ要請を無視する勇気はありませんので,帰ったらイオンに買出しに行ってから会社に行く事にしたため,物見山で練習してる時間がありません。

急いで行って1周して帰ろうと思い漕ぎ出しましたが,走り出して直ぐにチェーンの音鳴りが響きます。

日曜日に洗車したため,チェーンオイルも点さないとなーと思っていながら忘れてた。

ローディーとして,この音は恥ずかしい。

そしてもう一つ周期的に鳴るカチカチと何か音がしますが,何処から鳴っているのかが分からず,何度か止まってホイールを空回りさせてみましたが,原因が分かりません。

ちょっと考えてみた結果,たぶんリムとバルブが当たっている音だという結論にしておきました。

ディープリムだと結構この問題があるようですね。どこかで,音鳴り対策をしているブログを拝見していたので,帰ってから対策を考えます。

とりあえずそんな調子で荒川に入るといきなり結構な向かい風の荒川峠でした。

ディープリムの性能を確認しようと思っていましたが,30km/h巡行がギリギリな感じでインプレどころではありません。

この時点でホイールの性能なんかさっぱり分かりません。ただ,この風の中この速度を維持できるのは,効果があるのかもしれませんが・・・。

羽倉橋のスロープを上がりきったところ,一人のローディーが上流の方に向かうのが見えました。

良く見てみると,ヒデヲさんでした。今日は誰かに会うかなーと思っていましたが,朝一で早速お会いできました。

とりあえず時間縛りありで上流に向かうとのことだったので御一緒に走ります。

話でもしながらと思ったのですが,風が強くてあまり余裕なし。風をもろに受ける区間は27km/hぐらいまで落ちてしまい,ディープリム履いてる意味なしって感じでした。

変換 ~ 2012-03-20 05.50.21
ヒデヲさんが,撮ってくれた,ディープを履きながら向かい風でへなちょこな走りをしている人。写真ありがとうございます。

開平橋まで御一緒した後,お別れして私一人で物見山へ向かいます。途中本田エアポートで写真撮影をし,その後一般道へ入りましたが,風が横風にかわったので,今度はハンドル取られないように必死で走りました。

横風に対するハンドル操作も大分分かってきましたが,トラックが横を通過した後はやっぱり怖いですね。

その後物見山へ向かう途中,高坂駅付近から後ろに気配を感じます。

一応ハンドサインを出して走りましたが,ピッタリ付かれていて後ろからのプレッシャーが厳しかった。

この風の中追いついてきたからには,結構乗れる人だろうなーと思って,大東文化大前の坂を上り始めました。

今回はシッティングで上りましたが,ずっと後ろからの気配が気になってうまくリズムに乗れません。2/3程度の所で,ズバッと抜かれてそのまま置いてかれました。

後ろから見たそのキャノンデールな方は,パワータップを付けてましたが,この計器を付けて走っている方々は速い人が多いですね。

それなりの速度を出して走っているときに抜かしていく人を見ると,だいたいパワータップを付けてることが多い気がします。

それでもタイムはシッティングではベストタイムでしたので,ホイールの軽量化の効果はあったようです。

とりあえず1周してみましたが,やはり上りの実走がご無沙汰だったので,走り方を忘れてます。

ローラーばかりやってても,上りではギアの選択や,ダンシングなんかのテクニックは身につかないので,そろそろ物見山練も再開しようかと思いました。

さて,行きは向かい風と横風で体力を奪われましたが,帰りは追い風基調です。楽しみ。

行きよりも速度を上げて走りますが,どんどんペースが上がってきて,楽しくなってきました。

途中yuuさんとスライドしたので軽く話をしたり,秋ヶ瀬公園でmiyaさんと遭遇したりと,今日は3人もお会いできました。

ツイッターを見ると私以外も色々なところで,皆さんスライドしていたようですね。走るには最高の季節がすぐそこです。

さて,肝心のFFWD F6R240Sのヘタレプレッションをしたいと思います。

今回は,向かい風の往路では27km/h~33km/h程度,追い風の復路では35km/h~45km/h程度で走りました。

往路は向かい風の中坦々と踏んで走りましたが,ペダル回すのに気が行ってて正直特性がよく分からなかったです。ただ,あの風の中走ったわりには速度はいいペースだったと思います。

物見山の上りは,普段のEASTONとそれほど違いがないように感じました。

ホイール単体での重量差が200g程度ですので,向かい風む吹いている中ではその違いを感じ取れるセンサーは私にはありませんでした。

ただ,リム高が60mmありながら普通に上れる事を考えると,ディープリムでも上りがいけると言われていたのは間違いありませんね。実際タイムもベスト更新しましたし。

もっとちゃんとしたヒルクライムコースで試してみたいです。白石峠で試してみたい。

帰路の追い風では,ディープリムの恩恵はあったように感じました。一般道は風向きが完全な追い風ではありませんでしたが,37,38km/h巡航が普通にできましたし,荒サイに入ってからは40km/h以上でも余裕がありました。

まあ,対向車もいるので終始その速度では走りませんが,誰も居なければ速度は上向きで上げていけます。まあ,追い風だったんですけどね。

全体的には,35km/h以上での速度維持が楽に感じましたので,無風時に再度確認してみたいと思います。

速度とは別に,ホイールの硬さが気になりました。たしかバイクラのインプレでも硬いと書かれていましたが,感覚的には硬い円盤を回してる気がします。

リム高が60mmあることを考えると,リムの剛性はかなり高いでしょうからその影響でしょうかね。

普段履きのEASTON EA90SLも硬めのホイールですが,それ以上だったので気になりました。ただ,この辺は体重や脚力で感じ方が変わると思います。

普段のクリンチャーでは空気圧を7barと低めにしているのに対し,今回は9barだったのが影響しているかもしれません。指定空気圧の中で最も低い8barに下げて試してみたいと思います。

ブレーキに関しては,カーボンリム=止まりにくいと思っていましたが,付属のスイストップのシューを使ってみた限り問題はありませんでした。ただ,雨の日はどうなるか分かりません。雨の日に乗るつもりはないですが・・・。

総合的には,当初60mmのディープにビビッてましたが,平地は早く,上りも楽に使えるホイールと感じました。Wiggleで安く買えましたのでコスパ非常に高かったと思います。

今回は往復85kmとインプレするにはちょっと短い距離だったので,これから乗り込んでもっと色々と感じたいですね。

また,その時にご報告します。

変換 ~ RIMG1936
しかし,自分の自転車ながらバッチリマッチしているカラーリングで,戦闘力が20%アップしたように思えてしまいますが,漕ぐ人がそれなりなので,それなりの戦闘力しかUPしません。

まあ,見てるだけでニヤニヤしちゃいますね。部屋に飾ってお酒でも飲みたい気分。
宜しければポチッと御願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

lumo

Author:lumo
さいたま市在住
週末の早朝限定で荒川あたりを走ってます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
つぶやく
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。