スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつこいけど今週も赤城山。脚が攣るほど追い込みました。

もし知らない人に,lumoさんってどんな体形ですか?って聞かれたら,CANYONのフレームサイズ計算で表示された自分の体形である
11111.jpg
こんな画像を送ろうかと考えているヘタレブロガーです。宜しくどうぞ。
って,腕も足も短いんですけど・・・。あ,顔もでかいか。ウソじゃないから辛いです。

週末は天気が心配でしたが,二日とも早朝は自転車に乗れました。土曜日は赤城山練でしたが,本日は回復走でもしようかと彩湖にインしたら,jimaoさんと遭遇したので,荒川下流方面へマッタリライド。

終始話をしながらのんびりと走って,K'sで私だけ引き返してきました。たまにはこんなライドもいいですね。

そんな感じで回復しなければいけなくなった原因の,赤城山練。

すいませんが前回のエントリーの話ではなく,新しいエントリーです。そう,またまた2週連チャンの赤城山です。

金曜の朝通勤電車の中,スマホで音楽を聴いていると,ピロローン♪とLineの着信あり。

見たらZeroさんからで,「明日裏山(赤城山)jimaoさんと行きますが,どうです?」って。

いやいや,先週朝3時出で行ったばかりなんだけど,と思いながらも,miyaさんが明日は10時までOKとかツイートしてたな,と思って,変態的早朝なら行けると思ってしまい,ついつい返信し結局行く事に。

赤城山は今年すでに8回目なんですけど・・・。白石峠をホームコースにしていた年でも,こんなには通わなかったよな。

そんなんでmiyaさんも強引に行く事にして,現地に朝5時集合で行ってきました。

金曜は早めに寝たので,なんとか睡眠時間はとれたのですが,起きてからツイートみたらZeroさん,ブエルタ観て寝てないらしい・・・。いつもながらタフ過ぎるっす。

miyaさん宅に3時に伺い,そのまま下道で前橋のいつもの公園に4:45に到着。ちょうでZeroさん,jimaoさんも着いたところらしい。

挨拶もそこそこにバイクをセット。本日は決戦仕様のFF投入です。

DSC_0609.jpg
いつもそうだけど,バイクの向きが反対で,ブログに載せることをまったく気にしてない。

本日は事前にZeroさんと作戦をやりとりしていました。

私のベストタイムとZeroさんの前回のタイムがほぼ一緒です。ペースが同じなら,二人で牽きあいながら上ったら,もっと速く上れるんじゃないか?

空気抵抗はあまり関係ないHCとはいえ,前に同じペースで上る人がいると大分楽になります。

Zeroさんとは話がついたので,目標を1分短縮の1時間15分台に設定。ベスト更新に期待です。

スタート地点まで行きましたが,まだアップが足りないと思い,Uターンして心拍数を上げておきます。10分ほど走ったのでスタート地点に戻って信号を一度見送る。

今回は先にjimaoさんとmiyaさんがスタートして,後から私とZeroさんがスタートすることにしました。

jimaoさんとmiyaさんがスタートした後,私からZeroさんに「1kmぐらいで交代しましょう。千切れたら先に行ってください。」と話をし,Zeroさんからは,「以前一緒に上った時より,この前上った時のほうが前半遅かったので,前半抑えて後半追い込んだ方が速いかも。」とアドバイスがあったので,「それなら前半私多めに牽きますので中盤以降お願いします」と話をしていたのですが・・・。

信号が青になったので私が先頭でスタート。中間地点の橋まではFTPペース+1km/h,平均時速で20.5km/hと思っていたのですが,出だしなのでちょっとペースは上げ気味。

前半多めに牽くと言ったので,交代せずに走っていたら2kmぐらいでZeroさんが交代しますと言いながら前に出てくれたので,そのまま付き位置。

しかしちょっとペースが速い。FTP+3km/hぐらいで走ってる。

なんとか後ろに付きながら4kmほどで交代の合図があったので前に出ます。しかしこのペースだとやばそうなので,先頭に出たのを良いことにペースをちょっと下げさせてもらいました。

途中jimaoさんをパスしてその後もう一度Zeroさんに交代。そしてまたペースが上がる・・・。

普段なら脚を使わないように走るんだけど,そんなこと言ってたら千切れてしまうので,頑張って付いていく。

miyaさんを抜かしたらmiyaさんも後ろに付いたので,3人でトレイン組みながら上ります。ヘタレジャージ&ビブ3人でHCトレインが組めるとは,なんとも嬉しいかぎり。

でも7kmぐらいからはZeroさん一人に先頭をお願いするほどハイペースで,かなりへばってました。

一緒に牽き合いながら上りましょう!なんて言ったのが情けないくらい,付いていくのがやっとです。

普段HC時の心拍数は追い込んでいても170bpm程度ですが,前半はずっと175bpmって感じで,完全にオーバーペース。

中間地点の橋の所で,このペースで行ったらこの後の勾配のきつい区間が上れないと思い,千切れて行きました。

150mほどZeroさんが前を走る頃には,やっと心拍数も落ち着いてきたので,ある程度自分のペースで走るようにしながらも,前を走るZeroさんとの距離を広がらないようにして走ります。

ジワジワと距離は離れていきますが,見える範囲には居るので,このペースで行って九十九折あたりで回復したら距離を縮めたいなーなんて,苦しいながらも考えていたのですが,左足の脹脛からピクンッ!と嫌な感じがありました。

これは脚攣るかも?と思いながらもだましだまし走っていると,ピクンッの回数が増えていきます。

そういえば朝起きてからあまり水分を取らずに走り始めてしまった。しかも前半のハイペース。脚が攣るには条件が揃っています。とにかく水分を取らないとだめだ!と思い,ドリンクをグビグビ飲みますが,既に遅し。

やばいぞ。Zeroさんを追うどころではなくなったぞ。と考えていたら,今度は右足もピクンッです。そこからはまったく踏めなくなり,インナーローでゆっくり回す以外どうしようもありません。

そして暫く走った後,もうこれ以上我慢したら両足攣ると判断し,HCTT初の足つき(チェーン落ちは除く)です。

まさか何度も上っているこのコースのこの距離で。足つきするとは思ってもみませんでした。

とりあえず両足の脹脛を伸ばして回復させ,なんとか走れる常態になってからリスタート。

まだまだ脚が攣りそうなので,無理はできません。インナーローでゆっくりペダリングしながら我慢です。

とりあえず攣るのを回避するような走り方をしていたら,今度は腰の張りが強くなってきました。

普段ならダンシングして血流を促すのですが,今ダンシングしたら確実に脚が攣ります。腰の張りと,足攣りを我慢しながらなんとか九十九折区間まで来ました。

ここからは比較的楽な区間になるので,無理せず走ることにします。

そんなんで九十九折に入ってから2kmほど走った時に下を見ると,miyaさんがチラッと見えました。

やばい,ペース上げてきている。追いつかれるぞ!

幸い途中でドリンクを飲んだのと,回復ペースまで下げた事により脚攣りの心配はなくなりましたので,ここから心拍数170付近までペースを上げることにします。

コーナー毎に後ろを振り返ってmiyaさんの位置を確認していましたが,いくつかのコーナーを過ぎた頃にはmiyaさんが見えなくなりました。

よし,ペースも復活したぞ!と思いながらゴールに向かってペースを上げます。

残り2km地点でタイムを確認すると,意外と良いペースだったので,とにかく追い込めと思い休まないようにして頑張る。

残り1kmのタイムを見て,これはベストタイム行けるかも?と思っていたら,先にゴールしたZeroさんが下に下りてきてスライド。

Zeroさん速えー!

俺も頑張るぞ!と思って,最後の右コーナーを抜けた時が14分から15分に変わった頃。

なんとか15分台だ!と思ってギアを上げてダンシングにして残りの直線を最後の力で頑張ります。

しかし,この最後の直線が長い・・・。疲れた脚には非常にキビシイ!

そしてなんとか頑張って15分台でゴール。

やっとベスト更新だ!って思ったけど,脚付きしてた時間オートストップになってたんだって後で気づく。

後でSTRAVAで確認したら1:16:48したらでした・・・。まあ,信号待ちと脚攣りで54秒ロスしてるようなので,良い結果と受け取ります。

その後miyaさんとZeroさんが上ってきたので,Zeroさんにタイムを聞いたら13分台とか・・・。そりゃ付いてけないよ!

しかしあそこでの脚攣りがなく,Zeroさんを追うように走っていたら,どれだけのタイムが出ていたのかと思うと,すこし悔しい。

まあ,前半の強度が高すぎて脚が攣ったんだろうけど,本番は水分補給もしっかりして同じ失敗は繰り返さないようにしたいと思います。

そしてjimaoさんもゴール。

IMG_20120908_065449.jpg
今回は3人ともタイムを縮められたようで良かったです。ってmiyaさん大会出ないんだったな。

その後は最高に楽しいダウンヒルをして車まで戻り,マックで休憩して帰りました。
DSC_0611.jpg

今回は,チーム練でしたが非常に勉強になりました。

タイムを縮めるには,やはり追い込まないとダメなんだと,つくづく思いましたね。

今回も楽をしている時は心拍数が下がってました。やはり,タイムをしっかり縮めるには170bpm付近で走り続ける必要があるんですね。

でもそれを実行するのは一人だとなかなか難しいです。苦しいとやはり手を抜きたくなります。

そんな伸び悩んでいた時期に,このチーム練は非常に良い刺激になりました。誘ってくれたZeroさんに感謝。

それにしてもZeroさん寝てないは,練習用ホイールだはで,あのタイムって,何処までヒルクライマー化していくんだろう?

赤城山。もう流石に本番までは行く予定はありませんが,ついつい行ってしまうかもしれません。

まあどうなるかわからないけど,とりあえず本番頑張るぞ!

スポンサーサイト
プロフィール

lumo

Author:lumo
さいたま市在住
週末の早朝限定で荒川あたりを走ってます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
つぶやく
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。