スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた攣った 第2回まえばし赤城山ヒルクライム大会 レース後編

ゴールラインを切った時のサイコンのタイムは 1:15'40"と実走の時間としては最短でした。

ただ,今回は脚攣りの2回の足つきがあったので,その時間のロスがいったいどれくらいなのか?と考えましたが,たぶん1分ぐらいだろうと思い,ほぼベストに近いなぁとちょっと安心。

正直2回目に足つきした時に本気でDNFを考えてしまったぐらい厳しかったので,タイムは諦めてました。

それでもベストに近いタイムが出たのは,前半相当ハイペースだったからでしょう。前半飛ばして,後半失速してたら意味がないのですが,今回はチャレンジしたかったので悔いはありません。

無難にタイムを出すより,あの先頭集団の1列のトレインで声援を受けながら走れた事の方が大事だと思っています。あんな体験は本番じゃなきゃできませんからね。

さて,もう膝下が使い物にならない状態で自転車も降りれないから,ゆっくりと自転車漕いでいるとZeroさんを発見。

途中自分がちぎれた時に,Zeroさん絶対ベスト出すだろうな!と思っていたのですが,タイムを聞いて,ちょっと引きました。

Zero君はニュータイプなのか?

なんで前のベストタイムからそんだけ縮められるの?と。毎回進化していく姿は,アムロか,カミーユに思えました。もう,入賞も見えてきましたね。

さて,寒いし荷物受け取りの場所まで行こうかな?と動き出した時,写真を撮っておくのを忘れていたので,急いでパシャリ!と。

IMG_20120930_083401.jpg
まあ,瀕死の状態ながら必死で笑ってますよ。

そんな事してたらjimaoさんとmusignyさんが仲良くゴールしたのを見たので声を掛け,先に荷物置き場に向かいます。

しかし,この時の下りが寒かった。集団でゆっくり走ってたからまだ我慢できたけど,普段のペースなら色々と着込まないとだめな季節になりましたね。

とりあえず荷物を受け取りZeroさんと話していると,ゴソゴソと嬉しいこんな物を出してくれました。

IMG_20120930_085421.jpg
ブルボン LUMONDE

学生時代に一日5袋食べた私の大好物。Zeroさん流石です。そういえば八ヶ岳のゴール後も自家製パンを振舞っていただいたりして,いつもお世話になってますね。

その後jimaoさん,musignyさん,yuuさんが合流したので,下山する事に。

一度ゴールまで上らなければいけないルートですが,本番も終ったのでマッタリペースで走ります。その後は集団でゆっくり受付の会場まで走りましたが,背中のリュックが肩に食い込んで痛いし,腰も痛いしで疲れました。

でも,この下りでまだコース脇に残って,帰ってくる選手に「お疲れさまー」と声をかけてくれる方達がいたのが,凄い嬉しかった。

なんていい大会なんだ。

その後受付会場に到着して皆さんと合流した後,記録証をもらいに行って自分のタイムを確認。

結局16分台後半と,タイム的には満足できない感じでしたが,この結果を次回に生かしたいと改めて思いました。

その会場でなんかピンクの紙をもらったのですが,どうもゼッケンの末尾が0と5の人は景品が当たるらしく,いくつか選べる景品の中から大好きな梨を2個いただきました。

もらってから気づいたけど,バックがパンパンで,その重量がなんかヤバイ感じになってます。

をのテントの横になにやら脚をマッサージしてもらっているような人がいたので,係りの人に聞いてみると,簡単な鍼をほどこしてくれると。

もう,脹脛が別人状態の私のためにあるような嬉しいサービス。当然受診してきました。

そこで私の脹脛を触った方が一言,「この脚で走ったんですか?カチカチですよ!」と。

「ええ,この脚で瀕死な状態で赤城山を上ってきました。」と話しながら,何度も大丈夫です?と言われる。

脚が攣るのは癖になるので,できるだけストレッチしてから走るようにして,終ったら冷やしてください。とアドバイスを受けながら,小さな鍼の付いたシールを貼ってもらいました。

DSC_0657.jpg
なんとも痛々しい姿。

その後,kikiさんも合流したので軽く会場をぶらっと。上位の方のタイムが発表になっているらしいので,掲示板に行って確認すると,Zeroさんが載ってる。しかも真ん中あたり。

このまま進化していったら,入賞,表彰台も夢じゃないですね。普段一緒に走っている方が,このような結果を出すとなると,私ももっともっと上を目指したくなります。

暫くまったりしたので,前橋ICから少し行った温泉に行こうという事になり,皆さんと駐車場に移動。

その後,温泉に行きましたが,露天風呂が最高に気持ちよくて,このまま帰りたくない状態になってしまいそうでしたが,台風が近づいているので,Nさんも合流し,お昼を食べて解散。

yuuさんを送って,家に着いた頃に雨が降り始める,天気もタイトロープな感じで,長い一日が終りました。

その後は当然のように夜の7時から爆睡です。



今回の大会ですが,まず運営と地元の方のサポートが最高でしたね。

ヒルクライムのレースって,どちらかと言うと山の中で,人口も少ない場所で行うイメージですが,前橋市は県庁所在地。スタートから9km地点までは普通の町中を走る事になります。

そういう意味では,声援を送ってくださる方も来やすいコースなのかもしれません。

そして,あれだけの人が応援してくれる中走れる幸せ感,病み付きになります。絶対来年も出ようと思いました。

レース自体は,脹脛が攣った事で全てが白紙になってしまいました。普段ローラー練でコンディションが良くなっていたのが分かっていたので,残念ではあります。

ただ,脹脛が攣るってのはペダリング自体が悪いからですよね。本来使わない筋肉と考えても良いと思いますから。

そう考えると,ペダリングやポジションを真剣に考えた方が今後のタイム短縮に繋がるのかもしれません。

ベースがなかったから攣っただけかもしれませんが,使わなければ攣ることもないですし,今後の課題が見つかったのと,それをクリアできれば,もっとタイムは縮まるだろうと思ってます。

今回の順位ですが一応二桁の終わりの方には入る事ができました。ただ,今シーズンの目標が参加者の1割以内に入る事だったので,それは残念ながら達成出来ませんでした。

今の課題をクリア出来れば,無理ではない目標だと思いますので,来シーズンはとりあえずこの目標をクリアしたいと思います。

そして,Zeroさんのようにもう一段階,二段階上のステージで走れるように練習していきたいと思いました。

考えてみると,1年半前に初めてHCイベントに参加したツールド八ヶ岳では,クラスの半分ぐらいの成績だったはず。それを考えてみると,それなりに進化はしているようですね。Zeroさんの進化するスピードが以上なんですね。

まえばし赤城山HCですが,来年もシーズン最後のメインイベントに考えたいと思います。

さて,今シーズンのレースも終ったし,暫くは楽しみ優先で走るぞ!

スポンサーサイト
プロフィール

lumo

Author:lumo
さいたま市在住
週末の早朝限定で荒川あたりを走ってます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
つぶやく
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。