スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏めない八ヶ岳

日曜の夜,子供たちに「宿題やってないなら早くやりなさい」と言いながら,そういえば持ち帰ってきた仕事があったなーと思いながら手を付けれないヘタレブロガーです。よろしくどうぞ。

行ってきました。第28回ツールド八ヶ岳。

雨ならDNSと考えていましたが,前日まで曇りのち雨予報だったのが,なんとか曇りに変わってくれたので行くことにしました。

ここ数日の減量の成果を確認するため前日体重計ったら目標+2kg。ぜんぜん減ってないし・・・。まあ,最近出力上げられるようになってきたのと,自転車軽くなったのでチャラかな?なんて思うことにした。

今回は一人参加だったので前日の夜入って車中泊しようかと思っていたのですが,予想気温が0度近く,最初に参加した時の苦い思い出から当日会場入りに変更。

野球場上の駐車場に陣取ることが出来たので,受付までの一時間ほど仮眠をしてから受付を済ませて,固定ローラーをセット。

寒い中20分ほどやったら,汗だくで体が冷えちゃいそうでした。

しかし,今日は調子が悪い。体にかかる負荷に対して出力が普段より1ランク下な感じで,全然上がってこない。

まあ,寒いのもあるのかな?なんて思いながら本番走れることを期待して荷物を預ける準備。

今日は寒い。下でこの気温だと上はやばいだろうなぁーと思って,着るものを悩む。走れば体は平気だと思うけど,スタートまでの待ち時間でOPPの可能性大だと判断して,下はコンプレッションタイツとビブショーツ,上はアタックジャージで走ることにしました。あと,腰に巻いたコルセットの前面にカイロをペタ。これ,結構役に立ったかも。

下りの荷物はフルセット用意しておいて荷物を預けに行ってから,トイレの長蛇の列に並ぶ。終わったころには開会式も終わっていて整列しだしていたけど,体がガチガチになったので,軽くアップしてから列に並びに行きます。

中盤ぐらいに陣取る事ができました。少し離れた斜め前方にBKHさんだと思われる方が見えたけど,挨拶に行けず。
20140420085719.jpg

そして男子D組のスタート。

最初は集団の中で楽しようと思っていたので,前方の集団まで上がろうと思ったけど,トップ集団が速くて追いつくのに力を使いそうな感じ。出力見たらかなりハイペースになりそうだったので,ここは諦めてセーブ。

なんとかBKHさんに追いつきご挨拶して,そのまま集団のケツに着こうと踏んでみたけど,今日の調子の悪さ・・・。全然進まねー!

普段ローラーやってると,まったく脚が回らない日があるけれど,今日がそんな感じの日だった。

もう諦めてこのペースなら大丈夫そうだな?って人の後ろについて淡々と上ります。

前の人のペースだと目標としていた出力からは程遠い感じだったですが,そこで前に行くほど調子も良くないし,後半のきつさを考えるとこのペースをキープした方がよさそうだな?と思ってスキー場まで様子見。勾配ゆるくなった所で踏んだりしてみたけど,先頭になってしまい,後ろの人を楽させるだけだった。

とりあえずハーフのゴールのスキー場を通過。この時ふくらはぎが,ピクピクとなり脚攣りのサイン。

いままで脚が攣って辛酸なめこだったので,腰とふくらはぎにフルテーピングをしておいた。そしていつもの脚攣り防止の錠剤と,新兵器の「クランプストップ」を背中に仕込ませていた。
20140420230914.jpg

このクランプストップ,脚が攣りそうな時に舌の裏にシュシュ!と吹きかけると攣るのを予防できるらしく,トライアスロンの方も使うようだったので,試しに買ってみました。

ちょっとゆっくりなペースにして,シュシュっと下の裏に。それでもいまいちな時は1分毎にシュシュっとするらしいので,右手に持ちながら5回ほどやったら,脚攣りの兆候はなくなりました。

まあ,今回出力が低めなのでそれほど無理してないからもあるけど,それなりに効くのかもしれませんね。とりあえずこの後も,危なそうな時はシュシュとやって脚攣りは回避できました。

しかし25kmってのは長いっす!赤城山が21kmでそのイメージで上っていると,最後4㎞盛られていて,これがキツイ。

この頃は全く踏めず,回らず,残り3kmぐらいで脚着きたかったわ・・・。

荷物受け渡し所を通過して,残り1kmを淡々と走りながら,麦草峠の標識が見えたらやっと踏む気になって何とか最後は回してゴール。
20140420103245.jpg

去年のような脚攣り危機は無かったけど,やっぱり八ヶ岳は辛かったです。

とりあえず荷物受け渡し所まで下って,荷物を受け取ったらBKHさんにお会いできたのでちょっとお話。しかし寒い・・・。

その後スキー場まで下山しようと行ってみたら先頭になっちゃって,先導ビブを付ける事に。

先頭でゆっくり下山と思ってるんだけど,後ろが直ぐに離れて見えなくなっちゃうので,ブレーキングが疲れた。

途中ものすごい濃霧だったので,とにかく声出して上ってくる人に気づいてもらえるように注意しながらスキー場に到着。

あたたかいなめこ汁をいただき,持参したパンをモグモグしてたら混んできたのと,寒くて震えてきたので席を離れて本部がある建物に移動し,完全装備に着替えて下山OKの合図を待ちます。

そんな時,フォローさせていただいてるトップクライマーのとれたまさんから声をかけていただき,お話させてもらいました。

チャンピオンクラスの話と,アクシデント後の超人的な話を聞きながら,一生頑張ってもこのレベルには到達できないと確信。

世の中には凄い人がいるもんです。一度ご一緒に走ってみたいですが,一瞬でいなくなるだろうなーと思うと練習にならないか・・・。

赤城山も出る予定との事でしたので,またお会いできるかもしれません。

その後BKHさんを探すもお会いできず,じゃんけん大会ですぐに負けたので下山開始。

大会のルートから迂回するこのルートは一昨年も通りましたが,白樺に囲まれていて景色が最高です。国道299よりもこちらを上りたい感じ。

駐車場に着いた頃には結構暖かくなっていました。


終わってみて,今年は寒さをどうするかな大会でしたね。流石に4回目ともなると緊張感は全くなかったです。

フルコースを走ったのは今回で3回目,一応タイムは更新できましたが,当初目標としていたタイムからは大きく遅れていたので,いまいちな結果でした。

まあ朝からこんな結果になるだろうなぁーと思っていたので悔しさはあまりないですけど,こんな調子の日もあるんだと思って今後は調整に気を使おうと思います。

これでやっと食べたいもの食べられる生活に戻れるのがなによりうれしいです。

さてしばらくしたらまた頑張ろう。
スポンサーサイト
プロフィール

lumo

Author:lumo
さいたま市在住
週末の早朝限定で荒川あたりを走ってます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
つぶやく
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。