スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機材以外を色々と

2009年の6月からロードバイクに乗り始めたので,丸5年経ちました。

ランで膝を痛めたのが自転車を始めるきっかけだったのですが,今では自転車無しの生活は考えられません。もし,乗っていなかったら今の自分はどんな感じになっていたんだろう?と。

他の趣味を見つけたんだろうか?今のような体型になっていたんだろうか?毎週末の楽しみがあったんだろうか?

とりあえず自転車に乗ろうと思った当時の自分にありがとうと言っておきましょう。

さて,最近は平日の室内練と土曜日の物見山練ぐらいしかネタがないので,冬の間から購入していたアパレル関係をちょっと紹介してみましょう。

ジャージ
以前から欲しかったパンダーニのワンコジャージが冬場に半額セールで売っていたので買っておきました。ビブも欲しかったけどサイズなし,今後の生産もないらしいのでなので上下お揃いは諦めました。
RIMG0636.jpg

サイズをSにしたから結構ピチピチです。まあ,ジャージはピチピチが良いと思っているからいいけど,丈がもう少し長ければジャストサイズなんだけどね。

これいつ着るのか?やっぱりポタリングの時かな?まあ,ポタリングしないから出番はなさそうですけどね。

ビブショーツ
最初に買ったパールのビブショーツもヘタってきたし,ヘタレビブはヘタレジャージじゃないと変だしで新しいビブを購入。

買う前はASSOS,Rapha,ETXEONDOなんかの高級ビブも考えていましたが,結局国産のrericにしました。
RIMG0633.jpg

どのメーカーにするか考えていた時に,心配していたパッドについて調べてみましたが,プロが使うサイクリングパッドの70%はイタリアのElastic InterfaceとTMFの2社のパッドが使われているようです

Elastic Interfaceのサイトを覗くと,色んなメーカーで使われているようで,上記のASSOS,RaphaやETXEONDOもこちらのパッドを使っているようですね。

ヘタレビブのチャンピオンシステムは形がTMFのパッドと同じでした。自分的にはこのパッドが好きです。

国産のビブでも最近はElastic Interface社製を使っているのを売りにしている所もあるぐらいで,パッドメーカーのサイトに行けば,ロングライドなのか,レースなのかなど,どんなシチュエーションを対象にしたパッドなのかが分かるようになりました。当然信頼性もあるんでしょう。

rericもパッドについてはこちらのパッドを使っているようなので(6時間ロングライド用)大丈夫そう。ちなみにモデルによってパッドのタイプが違うようです。

あとは実際にお店で物を見てみたら,生地や縫製の品質が良さそうだったのと,肩紐のメッシュが大きく,汗の抜けが良さそうだったのでrericにするとにしました。

生憎オンラインストアで在庫なし&5月初旬入荷予定だったのですが,5月1日のお昼にメールで入荷時期を問い合わせたら,ちょうど本日入荷しましたたと返信があったので,直ぐに注文したらその日に発送,次の日に配達してもらえて,GW後半戦に間に合うなかなか良い対応。

早速インプレ。素材は凄く良さそうな感じ。肩紐と背中周りのメッシュが大きく,高温多湿な日本仕様ってとこでしょうか。

rericの謳い文句のとおり,ペダリング姿勢の時に合わせた形状をしているため,直立状態だとキツイです。

ペダリングの姿勢をとってみると直立状態よりも楽になります。

が,注意点としてかなりタイトです。自分は身長170cm,胴長埼玉県代表クラスですが,Mサイズだと肩紐が肩に食い込むため厳しいです。サイズ表でみるとMサイズは169cmまでとなっていますが,自分のような胴長な人は1サイズ大きめのが良いかもしれません。

自分はLサイズにして丁度良い感じです。太もものスパイラルサポートもタイトですので,購入を考えている方は試着を是非おすすめします。

オンラインショップなら7日間は試着段階なら送料自腹で交換も可能なようですので,サイズ選びは慎重にした方が良いですね。

実際走ってみた感想ですが,最初は肩の食込みがあるかなって感じでしたが,使っていくうちに問題なくなりました。

パッドはGWの渋峠ライドや,さいたま200kmライドで8時間以上使用しましたが問題ありませんでした。

スパイラルサポートは良い感じですし,脚を回した感じもストレス無くペダリング出来ます。

ただ,トイレで小をするときに肩紐の生地が伸びず,前が下がりにくいので残尿感に注意です。また,肩のメッシュ素材は素肌だとチクチクするので,アンダーウェアーは必ず必要と思います。

物は良いですがタイトですので,サイズ選びを間違えないようにするのがポイントですね。

ビブショーツが良かったので結局その後ジャージも買ってしまいました。
RIMG0629.jpg

ジャージはビブショーツよりも更にライディングポジションを取ったときにピッタリくる形状をしています。

こちらもタイトで,普段はSサイズを選ぶ自分でもMサイズでピッタリフィット。直立時は脇のあたりがキツイですが,乗車姿勢になるとストレスが無くなり非常に快適です。また,サイドと背中の大きめのメッシュのおかげで,汗の抜けが非常によく,これからの季節にぴったり。

乗車姿勢でピッタリとフィットし風の抵抗も少なくなるようになっていて,非常に使用感も良かったので,これからはこのジャージをメインに使用しようかと思います。

ただし,肩に使われているUVカット素材は涼しいのですが,汗の塩が表面に出てきて目立つ。先日の200kmライドの時は笑えるぐらい塩ってます。
20140531 160234

ライド中にお洒落なお店に寄る時は注意しないとお店の人に避けられるでしょう。まあ100kmライドぐらいなら目立ちません。

ジャージもサイズ選びが肝心ですので,お店で試着することをお薦めします。

rericですが,生地,縫製&機能性が非常に良い感じで,値段もこの品質に対してなら安いと思いました。デザインは好き嫌いがあると思いますが,私は無地しか選ばないので関係ないかと。と言う事で私的にはサイズが合えばお勧めです。

靴下
今まで使っていたフランドルの獅子ソックスの色違いを2色。ポタジャージ用の黒ピンクとreric用の白黒。以前買った黄黒と獅子のデザインが微妙に違いました。
RIMG0644.jpg

それとヘタレチームで流行っているお洒落ソックス。ロングなので自分のように短足には不利か?

サイクルキャップ
昨年作ったヘタレポタジャージですが,結構普段このジャージで走ることが多かったので,このジャージに合うキャップが欲しかった。

ただ,昨年チャンピオンシステムでキャップを作ってみたら,考えていたデザインに仕上がっていなくて,キャップみたいに小さくて立体的なデザインは難しいな?と感じてました。試作段階で見れればいいんですが,そんなサービスもなかったですし。

オリジナルデザインだとオーダー数が多くないと製作が難しく,かと言って失敗もしたくない。そんな時オリジナルデザインのキャップを1枚から作れるところを発見。

枚数が多いと価格が下がっていくのですが,1枚でも3000円から作れるので試しに作ってみようと,ポタジャージのデザインを流用してイラストレーターでデータを作成。

今回は個人用なのでLumondeと入れてみる。
RIMG06401.jpg

投稿した後,文字の位置とかサイズとかを色々とやりとりして作ってもらいました。

このキャップですが,素材がジャージと同じなので,細かいデザインには向いてないようです。また,伸縮性のある素材だからなのか,つばの所から繋がるデザインが,頭の位置と合っていませんでした。データー上はピッタリなんですが,たぶんつばの所と頭のところの伸縮量が違う状態で縫製されたからだと思います。

また,ロゴの位置がデザインと微妙に違ったりと,オーダー先と調整したんですが,なかなか上手く行きませんでした。

パーツが別れる箇所は連続性を持たせないデザインにしないといけませんね。あと,実際の大きさとテンプレートが合っていないので,その辺の調整が難しい。

実際に被ってみると,ジャージの生地なだけにしっかりと汗を吸い取ってくれて,普通のキャップよりも蒸れにくいです。ただ,頭にタイトフィットするので,頭の形がそのまま出ます。「変な帽子かぶってるー」と子供に笑われました。

同じような生地のキャップがショップで3千円で売っていたので,デザインを投稿できる方なら,1枚から自由なデザインで製作できて送料入れても3500円程度とお得なので,オリジナルも視野に入れても良いと思います。そのうち他のデザインも作ろうかと。

シューズ
長いこと使っていたNWのシューズの踵が,ゴムを交換しなかったからダメになりそうなのと,このシューズ重いので,軽くて足に合うシューズを探していました。

しかし甲が低く,幅が広い自分の足に合うシューズがなかなかありません。皆さん絶賛するS-WORKS ROAD SHOEもダメ。SIDIはなんか上手く表現できないけどイマイチ。シマノはデザインが・・・。と色々試したのですが,やっぱり自分に合うのはNWかなーと思って,ワイヤー式の最新モデルにでもしようかと思っていました。

ただ,以前からずっと気になっていたシューズを試してみたかった。

GIRO Empire ACC
20140322113427.jpg

レーサーシューズなのに紐靴なクールなデザインが格好いいと思っていて,試履できる所を探していました。

やっと見つけた試履できるお店(クラウンギアーズ)に,休日出勤前に見てみようぐらいの軽い気持ちで寄ってみたわけです。
20140322113853.jpg

実物見るとやっぱり格好いい。このデザインだけで欲しくなるわ。

先にちょっと気になっていたGIROの他のシューズを履いたり,リンタマンってマイナーだけど軽量なシューズを履いてみたりしたけどイマイチ。GIROは甲が変にあたるのと,リンタマンは土踏まずのアーチが結構きつくて自分の偏平足には合わなかった。

先に試したGIROがイマイチだったので,同じメーカーのEmpireもダメかなーと思いながら自分のサイズを取り出して試履してみることに。


足を入れた瞬間に,キターコレ!コレ!コレ!って感じ。

これ自分の足のために作られたんじゃないか?ってぐらい足にピッタリ。全てが均一に包まれている感じ。

普段履く靴も含めて,ここまでいい感じの靴は初めてかもしれない。そんなフィット感。

紐靴なので,足の形に対して調整がしやすく許容範囲が広いのかもしれません。

店員さんに聞いたら,在庫あるだけで次回入荷は未定らしい。欲しいサイズの白-黒があるのか聞いたら,ちょっと離れた倉庫から持ってきてくれた。

これ逃したら欲しい色が無くなるかもしれないと思ったら,口から「これ,ください!」って勝手に出ていた。この日は買う予定じゃなかったのに。
20140322235138.jpg

3月末に購入して,3ヶ月ほど実際に使ってみた感想ですが,足にフィットしてるのが気持ちいいいし,シューズが前のより100gほど軽くなっていて,ペダル回すのがちょっと楽って感じで非常に良いです。

漕ぎながら足元みると「うーん,格好いい!」と気分が乗ってきます。

長距離走るとが左の小指第二関節がピンポイントで痛くなりましたが,これはどの靴履いてもなるので諦めることしにして,インソールを少し加工するか,パッド加工しようかな?と思っています。

あと,地味にイーストン製のカーボンソールが良い感じですね。以前のNWよりも若干角が丸く優しい感じがしますが,その分脚への負担が大分減ったような気がします。以前より疲れが少ないかな?

確かにケイデンス90で4時間走ったとすると,21,600回踏み込むわけで,小さい違いでも100km以上走ると大きな違いになってくる感じ。

買う前にちょっとどうかな?と思っていた,履いたり,脱いだりする時の面倒くささですが,一日のうちに一,二回しかやらないので,まったく気になりません。家出るのが2,3分遅れる程度。あと紐を調整しながら結んでいる時に気分が盛り上がってくる。

紐靴をガチレースで使うのはどうなの?ってのもあるかもしれませんが,プロが使っています。

今までタイラー・フィニー選手が使っているシューズとしてメーカーも押してましたが,今年からツール覇者のブラッドリー・ウィギンスもEmpireに変えたようです。

ウィギンスが履いてるシューズなのに,レースで使えないとか言えません。パリ~ルーベもこのシューズ履いて先頭集団でクラシックハンター達と一緒にガンガン走ってましたから。

今欲しい物を入手し終わったら,また色違いを買おうかと思うほど気に入ってます。

欠点は,汚れが目立つこと。このシューズにしてからライド後にフキフキと綺麗にするのが習慣になりました。

シューズは足に合うかどうかが大事なので,他の方にお薦めとは言えませんが,自分には最高のシューズとなりました。

色々と消耗してきた物を買いましたが,以前買った頃よりも知識も付いてきたので,妥協せず,気に入った物が買えたかと思っています。

あとはヘルメットが欲しいけど,自分に合うのがなかなかありません。レジモスはOGKのラインナップから消えてしまったし,GIROのニューモデルも気になるし,どうしようかな。
スポンサーサイト
プロフィール

lumo

Author:lumo
さいたま市在住
週末の早朝限定で荒川あたりを走ってます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
つぶやく
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。