スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白石峠へGO!

昨日の新人歓迎会はアルコールは入れず,早々に切り上げ11時に就寝。

AM3:50。はい,ちゃんと起きれました。

仕度をして,4時に自宅を出発。

とりあえず今日は上江橋から16号へ,そして川越から県道39号に入り,その後県道171へ入るルート。県道39号は昔車で走ったことがあるような,無いような。とりあえず初めてに近いので楽しみ。

まず,荒川CRは照明がほぼ無いため真っ暗でスピード上げれず。ってかメーター暗くて見えないし。

県道39号に入ると結構車道幅員は狭めだが,まだ4時代なので車もほとんど通っていないため走り易い。

しかし,途中で重要なことに気づく。

  金持ってくるの忘れた!

現金無しのピンチ。とりあえず,現在の食料を確認。

ボトル1本&スティック補給食5本。

なんとかなりそうだが,結構微妙だ。

足りない頭をフル回転すると,携帯にnanacoのチャージがあるのを思い出す。

そうだ,セブンイレブンがあれば,買うことはできる。

しかし,現金が必要な時はどうしようもない。

まあ,交番行って借りるしかないかな?

ここからは,セブンイレブンチェックもしながら進む。

坂戸あたりで171号へ入り後はひたすら道なり。

171はグリーンラインの帰りに途中まで通っていたので迷わず走れた。

結局セブンは途中に2箇所。少ない!

これからはEdyもチャージしておこう。

白石峠のスタート地点に到着したのは6時20分頃
P1000362.jpg

さて,一応タイムも計っておきましょうってことでストップウォッチをポチッとしてスタート。

距離は6km程度,標高差540m程度。

出だしは無理しないようにゆっくり,シッティングで進む。

起点までの距離が200mごとに表示されているので,残りの距離が把握し易い。

私,ハートレート持ってないので,無理しない程度で適当に上るが,やばい時はダンシングに切り替え,えっちらおっちら。

車も降りてくる人もいないので,コーナーでは道幅いっぱいアウトコースの緩いラインをトレース。

残り2kmぐらいまでは休む区間も少ないが,後半は勾配も緩くなってきたので,スピードを上げてみた。

で,なんとかゴール。

タイムは 33分10秒。
P1000363.jpg

早いのか遅いのかさっぱりわからんが,今後の基準タイムとして参考にしよう。

厚いのでジャージ脱いでたら,知らぬ間に上ってくる人がいました。

まだ7時前ですけど,居るんですね。

とりあえず,写真をパチリして下りました。

前回はかなり怖かった下りだけど,上りでコースを確認できたのと,時間が早いので対向車も居なかったため,結構楽しみながら走れた。

スタート地点に戻ると,キジが道路をとことこ歩いていました。

野生のキジ初めてみましたが,綺麗ですね。

あわてて写真とろうと思ったら,すでに草むらの中に行ってしまいとれず。

さて,2本目なんて気力はあるはずもなく。来た道をテクテクと帰りました。

途中,腹減ってきたけど補給食は飽きたので,セブンまで懸命にこいで,パンをゲット。

その後は交通量の多くなった県道をひた走り帰りました。

結局家に着いたのは9時半,距離は120kmだった。

今回,初めて白石峠を上ってみて思ったのは,考えていたよりもキツく無かった。

頑張る所もあったけど,結構たんたんと上れた気がする。

行く前は足着くかなーとか,途中休まないと無理かなーと思っていたけど,残りの距離が分かるので,あと何キロだ!って頑張れた。

あと数回上ればコースも把握できるので,とりあえずの目標は30分切ることでしょうか。

天気が良ければ来週も行ってみようと思います。

あ,あと楽しかったです。

ぜんぜん早くねーよと思ってるかたも,ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

lumo

Author:lumo
さいたま市在住
週末の早朝限定で荒川あたりを走ってます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
つぶやく
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。