スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登りのダンシングを強化するのだ!

昨日の白石峠の結果を帰ってから考えた。

足が辛かった。息が上がった。腰が痛かった。タイムは縮まったが,これ以上の短縮は望めそうもなかった。

ようは,練習しろってことね。

さて,どうするか考えてみる。

自分は身長は170cm,体重60kg前後。

マッスルパワーでぐいぐい登れるような体型ではない。

筋力に頼っていたら,すぐにへばる。

じゃあ効率よく登ろうと考えると,やっぱり自分の体重を使えるダンシングを多用すべきだろう。

ちょうど先々週,図書館で借りたサイスポ2009年11月号がダンシング特集だった。

ふむふむ。って分かった気になっていたが今回の白石峠から考えるかぎり,さっぱり実践できていない。

ここは,もう一度調べようってことで見つけたのが,宮澤崇史選手のブログで記載されていた「登りのペダリングについて」。

なるほど,なるほど。

「頭、オヘソ、大腿骨の付け根、膝、母子球が一直線になるようにイメージ」

このことは何かで読んだことはあったけど,強く意識したことは無かった。

普通に立った状態を逆Yの字とすれば,ダンシングする時はカタカナのトの字をイメージする。

おー。なんかヒントが隠されているぞ。

ってことで,今日はいつものように朝5時半出で物見山に練習に行ってきた。

しかし,今朝は寒かった。

しかも何故か足がまわらず,速度が普段より低い。

途中今日は止めようか?と思ったけど,ダンシングの練習だけはしたいと思い,物見山にちんたらと行きました。

さて動物園入り口に到着。

普段よりギアを3段重くしてスタート。

意識する事は,踏み込む側の体の軸を一本のラインにして,しっかり踏む。トの字のイメージ。

筋力より体重を上手くペダルに乗せて重力を味方に付ける。

無理に前傾姿勢はとらず,上体を起こす。

早くまわす必要は無いが,右,左とリズム良く。

結局,物見山2週して,登り区間は全てダンシングで登った。

そして感想ですが,以前よりぜんぜん楽。そして早い。

まあ,50%も出来て無いと思いますが,こんなに違うとはって感じです。

ただ,息が若干上がりやすいのと,腰の張りが出てきた。

物見山の上りはせいぜい1kmぐらいだから,余裕のある状態で登りきらないと,白石峠では途中でへばってしまう。

この辺は練習して効率よいポジションを探してみる必要がある。

ってことで,しばらくダンシング強化に撤します。


しかし帰りもスピード乗らず,ちんたら帰る。

疲れてんのかな?

ゴールデンウィークも可能な限り,ダンシング練習!

ポチッとしていただけると,頑張れます。
に<br /><br />ほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

lumo

Author:lumo
さいたま市在住
週末の早朝限定で荒川あたりを走ってます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
つぶやく
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。